2011年6月29日水曜日

Excel2000,2002,2003で拡張子「xlsx」のファイルを開く方法

Excel2000,2002,2003で、Excelファイルの拡張子xlsxのファイルを開く方法を紹介します。

Office2007,2010では、新しいファイル形式の「Office Open XMLフォーマット」が標準のファイル形式になっているようです。 Excelの場合では、ファイル拡張子がxlsxのファイルがこれにあたります。

従来のExcelでは、このファイル形式のままでは開くことができません。この拡張子xlsxのファイルを表示したり、編集や保存するためには、マイクロソフトが公開している「Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック 」をインストールすることで可能になります。



ダウンロードとインストール

この互換機能パックをExcel2000・Excel2002・Excel2003にインストールする場合には、あらかじめMicrosoft Updateですべての必須の更新プログラム・優先度の高い更新プログラムをインストールしておくことが必要です。更新終了後この互換機能パックをインストールします。

「Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック 」は、マイクロソフトのWebサイトからダウンロードできます。


Microsoft ダウンロード センター
「Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック 」

ダウンロード後に、ファイルを実行するとインストールが始まります。画面の指示に従ってインストールを進めます。



XLSXファイルを開く

互換機能パックをインストールした後、エクスプローラでxlsxのファイルをダブルクリックして開きます。画面には下図のダイアログが表示されます。 この時に、Excelで読み込むための、ファイル変換処理が行われます。

ファイル変換中のダイアログが閉じた後、変換された新しいExcelファイルが読み取り専用で表示されます。 この時のファイル名は、変換のために一時的につけられたものです。



保存と編集

変換された、このExcelファイルを編集する場合は、メニューからファイル(F)名前をつけて保存(A)を選択して、任意のファイル名で保存します。 これでいつものxls形式のファイルとして編集可能なファイルになります。

拡張子xlsxの元ファイルはそのままの状態で残っていますので、変換処理によって元ファイルを上書きしないようになっています。



追記:2013年4月10日

スタイルが増えすぎて開くことができない場合は、この投稿が役立つかもしれません。
Office 互換機能パックでxlsxファイルが開けない。
Office 互換機能パックでxlsxファイルを開こうとすると「表示形式を追加できません。」や「セルの書式が多すぎるため、書式を追加できません」が表示される。







0 件のコメント :