2011年6月29日水曜日

Excel2000,2002,2003で拡張子「xlsx」のファイルを開く方法

拡張子 xlsx のファイル

Office 2007, 2010 では、新しいファイル形式の「Office Open XMLフォーマット」が標準のファイル形式になっているようです。Excel ではファイル拡張子 xlsx がこれにあたります。しかしながら以前の Excel は、この新しいファイル形式 xlsx を開くことができません。

そこで、マイクロソフトは旧 office との互換のために、この拡張子 xlsx のファイルを Excel で保存編集できるプログラムを提供しています。この機能は、「Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック 」をインストールすることで可能になります。



ダウンロードとインストール

「Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック 」を Excel 2000, 2002, 2003 にインストールするには、あらかじめ Microsoft Update を実行して全ての必須の更新プログラムや優先度の高い更新プログラムをインストールしておくことが必要です。その後、この互換機能パックをインストールします。

「Word/Excel/PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック 」は、マイクロソフトの Web サイトからダウンロードできます。

Microsoft ダウンロード センター

ファイルをダウンロード後、実行するとインストールが始まります。その後は画面の指示に従ってインストールを進めます。



xlsx ファイルを開く

互換機能パックをインストールした後、エクスプローラで xlsx ファイルをダブルクリックして開きます。そのとき画面に下図のダイアログが表示されます。この後 Excel ファイルの変換処理が行われます。

ファイル変換中のダイアログが閉じた後、変換された新しい Excel ファイルが読み取り専用で表示されます。この時、変換のために一時的につけられたファイル名が使用されます。



編集と保存

変換されたファイルを編集するには、メニューファイル (F)名前をつけて保存(A)を選択して、任意のファイル名で保存します。 これで、今までどおりの xls 形式のファイルとして編集可能になります。

変換元ファイルの拡張子 xlsx のファイルは、そのままの状態で残っています。変換処理によって元ファイルを上書きしないようになっています。



追記:2013年4月10日

スタイルが増えすぎて開くことができない場合は、この投稿が役立つかもしれません。







0 件のコメント :