2011年4月9日土曜日

BarGraphViewerを、Excel2010評価版でテスト

Excel2007からはユーザーインターフェイスが変更になったようです。 コマンドバーではなく「リボン UI」と言うそうですが、「BarGraphViewer」が動作するのか気になったので試してみる事にしました。

Excel2007の評価版はもう入手できないようなので Office Professional 2010 Trialで試してみました。 試しついでにOSも「Windows 7 Enterprise 90 日間評価版」を試してみる事に。 こんな時は仮想環境が便利です。VirtualBox で動かしてみました。

仮想マシンで起動したWindows7 から Excel2010を立ち上げて BarGraphViewerアドインを登録してみます。 「ファイル」タブをクリックし「オプション」をクリックするとこんな画面になります。

次に「アドイン」カテゴリをクリックすると。

画面下にある 「管理(A):」で「Excel アドイン」が選択してある事を確認し 「設定」ボタンをクリックします。

この「アドイン」ダイアログボックスが表示されれば、ここからはExcel2003の時と同じ手順です。 「参照」ボタンから アドインファイルを指定すれば完了です。 では早速「BarGraphViewer」を動作させてみましょう。

あれ!何か変です。 バーグラフの表示がおかしいですね。思い当たるところを修正します。

これでよさそうです。修正版をDownLoadに登録しておきました。 これでExcel2007でも、動作に問題が無いのか分かりませんが…


原因を調べてみるとExcel2000 2003で動いたコードが、Excel2010 では挙動が違うようです。 ためしに、このコードを試してみると結果が違いました。

test1は 「A1セルの下罫線を、太線だけど、色は無しでお願いします。」のつもりでした。

Sub test1()
    With Range("A1").Borders(xlEdgeBottom)
        .LineStyle = xlContinuous
        .Weight = xlThick
        .ColorIndex = xlColorIndexNone
    End With
End Sub

あらかじめ、見えない罫線を引いて置いて、後から色を付けるつもりだったんですが、これが Excel2010 では、お願いを聞いてもらえませんでした。

そこで、

test2 「A1セルの下罫線は、無しでお願いします。」に修正しました。

Sub test2()
    With Range("A1").Borders(xlEdgeBottom)
        .LineStyle = xlNone
    End With
End Sub

この修正で BarGraphViewerの、Excel2000・2003・2010 での動作確認ができました。

0 件のコメント :