2011年8月20日土曜日

NHK京都放送局の送信アンテナ

NHK京都放送局は現放送会館の老朽化により、会館移転の計画が進められているようですが、放送会館の移転によって、中波放送用アンテナが今後どうなるのか気になるところです。
近くに行ったので写真を撮ってきました。

現在の所在地は、京都市上京区智恵光院丸太町下る主税町964番地で、京都市の中心部の二条城の北西の位置にあたります。

京都では、市内のどこかの場所を言うときには。 最初に、東西南北の通りが交差する場所で、おおよその位置を表し。 次に、その交差する場所から見て、北は「上がる(あがる)」、南は「下がる(さがる)」、西は「西入る」、東は「東入る」で所在地を表すことが良くあります。

智恵光院丸太町下る」の場合は。 南北の通りが「智恵光院(ちえこういん)通り」で、東西の通りが「丸太町(まるたまち)通り」。 この二つの通りの交差点の位置から、「下がる」ので南側に行けば良いと言うわけです。

通り名で絶対位置を表し、「上がる」「下がる」で相対位置を表すような感じです。

中波放送アンテナ

東西(写真左側が西です)の鉄塔の間に張られているT字型アンテナが、NHKラジオ第一放送 JOOK 621kHz 1KW の送信アンテナです。

水平部分の方角は、東西よりも少しずれています、時計の針で言うと12時を北に見て、長針と短針が10時20分あたりの位置でしょうか。

正面入り口から西側鉄塔を見上げて。

西側の鉄塔は建物の屋上部分に建てられています。 鉄塔上部には中継用のアンテナが多数設置されています。

西側鉄塔上部

東側鉄塔は地上に設置されています。 T字型アンテナの支持だけのようです。

東側の鉄塔
T字の給電部分
東側鉄塔と給電部分
東側鉄塔下部から西側鉄塔を見上げる
アンテナ遠景

0 件のコメント :