2011年11月24日木曜日

Firefoxの便利な翻訳アドオンTransmaker

ページ翻訳するほどではなく、選択テキスト部分をチョット翻訳したい時にとても便利なものが、このFirefox翻訳アドオンです。このアドオンは最近使い始めたばかりですが、とても気に入って使っています。

この翻訳アドオンが使っている翻訳APIは 「Microsoft Translator API」で、Microsoftのオンライン翻訳サービス「Bing Translator」 http://www.microsofttranslator.com/ で使われているようです。

簡単な操作でページレイアウトを崩さずに、翻訳結果の置き換えや、翻訳語の挿入ができたり、「元に戻す(Undo)」の操作で、直前の操作を遡り、変換した翻訳語を元の原文に戻すことが出来るので便利に使っています。

この「元に戻す(Undo)」は、とても便利な機能で、辞書引きの変わりに単語だけを翻訳した後で、文全体を翻訳する時などに役立ちます。

以前紹介した「Google Translator for Firefox」では、翻訳語の表示を元に戻すためにはページのリロードが必要でしたから、このような使い方が出来ませんでした。


追記:Jun.13 2014

現在のTransmakerは、バグ修正や機能の調整がされたものがReplace Translatorとして公開されています。こちらがおすすめです。

Replace Translator

ダウンロードはMozilla ADD-ONSから
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/replace-translator/

Transmaker

ダウンロードはMozilla ADD-ONSから
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/transmaker/

Mozillaのレビュー前らしいので、インストールの時には注意書きが表示されます。

インストール後にFirefoxの再起動は必要ありませんが、インストール以前に開いていたページを翻訳するためにはページのリロードが必要なようです。

設定は、右クリックメニューから行えます

特に設定しなくても日本語に翻訳できましたが、念のため日本語に設定しておきました。

ページのテキストを選択するとメニュー内容が変わるようです。挿入「Insert translate」と、置換「Replace translate」、テキスト翻訳「Text translate」に変わりました。

翻訳語の置換を試してみます。
試したページは
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/dd576287.aspx

ページ左側メニューと、ページ右下のテーブル部分を翻訳置換してみました。レイアウトが崩れないで、綺麗に置換できていますね。

同じことを「Google Translator for Firefox」で試してみると、レイアウトが崩れてしまいます。

テキスト翻訳「Text translate」のメニューを選択すると翻訳ウインドウが表示されて、入力したテキストの翻訳が出来るようです。

「Google Translate API」の有料化に伴い、既にいくつかの翻訳アドオンが使えなくなってしまいました。今後は「Microsoft Translator API」を使った翻訳アドオンに期待したいと思います。作者の「ongaeshi」さんに感謝。

作者さんのページでは、デモ映像や基本的な使い方が紹介されています。

http://transmaker.ongaeshi.me/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB

0 件のコメント :