2012年3月17日土曜日

分配器 こっちのほうが良いかんじです。

先日の分配器の記事と同一メーカーの別の物ですが、同じく古いものです。

FM, V/UHF, BS 用 2 分配器. 対応周波数は 40 MHz ~ 1335 MHz. CS 非対応となっています。電流通過非対応ですが、その他は先日のものと良く似ています。

内部は同軸直結タイプでシンプル。

回路構成はインピーダンス変換と広帯域ハイブリッドのシンプルな構成です。



分配損失の測定結果

さて 30 MHz 以下の特性はどうでしょうか。分配損失の測定結果では前記事の分配器よりも、2 MHz 以下の損失が少なくて良い感じです。

500 kHz ~ 30 MHz の間で 5 dB 以内に収まっているので十分使えそうに思います。



出力端子間のアイソレーション

つづいて、入力端子を 50 Ωで終端し、出力端子間のアイソレーションを見てみました。

前回と同様に、こちらのほうも 3 MHz 以上で「 100 Ω無し」のほうがアイソレーションが良い結果でした。



まとめ

前記事のメタルフレームの付いた分配器と 30 MHz 以下の分配損失を比べると、見た目に反してこちらの分配器が良い結果なのは興味深いところです。

2 つの分配器の(電流通過部分を除いた)相違点といえば、インピーダンス変換 (L1) に使われているコアサイズの違いくらいでしょうか。前記事の分配器のコア形状は小さなメガネ型でしたが、こちらの分配器のコアは円筒形の 2 つ穴タイプでコアサイズが少し大きくなっています。この違いが 2 MHz 以下の損失が少ない理由なのかもしれません。

この分配器を、以前に作った「Mini-Whip」の分配に使用することにしました。さらに使いやすいように、入力側にはM型メスを、出力側にはM型オスを取り付けました。「Mini-Whip」の出力からは、BNC ケーブルを経由して BNCJ-MP 変換コネクタを使って接続します。

実は M 型コネクタを使ったのは在庫消費(30 年前に買ったもの)のためでしたが、受信機の入力端子が M 型なのは好都合でした。

0 件のコメント :