2012年3月15日木曜日

Firefox 11がリリース

Firefox11.0がリリースされました。

Firefox11.0リリースノート
http://mozilla.jp/firefox/11.0/releasenotes/

最近のアップデートでは、リーリース毎にWeb開発ツールが追加されています。今回は「3Dビュー」と「スタイルエディタ」が追加されました。
WebGLに対応していれば「ページインスペクタ」のメニューに「3D ビュー」ボタンが追加されます。

この「3Dビュー」はページの構造を立体的に表現するもので、ページ要素の様子がわかりすくなりますね。(WebGL対応のためには、ビデオカードがOpenGL 2.0をサポートしている必要があるようです。)

また、「ページインスペクタ」はFirefox10.0で追加されたものですが、ページ構造やレイアウトを調べる時にとても便利なツールです。ページ要素のスタイルを調べたいときによく使っています。スタイルの設定値を変えるとページ表示に反映されるので、スタイルと表示の関係がわかりやすいので助かります。

ところで、「3Dビュー」で表示されたWebページは、プリント基板に実装されたICやコネクタなどを見ているような感じがします。おもしろいですね。XD

3Dビューの操作方法
機能 マウス操作 キーボード操作
ズーム
スクロール 上(イン)/下(アウト)
インキー、アウトキー
回転
左クリック & ドラッグ
左右a/dキー, 上下w/sキー
パン
右クリック & ドラッグ
カーソルキー



それから、 Googleツールバー も大丈夫のようです。

前回更新時の記事「GoogleツールバーはFirefox10でもOK」
http://babooshka-innerjourneys.blogspot.jp/2012/02/googlefirefox10ok.html
のときに"10.0"に修正した状態なので、今回のFirefox更新時には以下のメッセージ
の表示が出ていますが、表示が出た状態でも動いています。これは、Firefoxの前回リリース時の「アドオンの互換性改善」により、今回の更新時に無効化されなかったのが理由のようです。

とはいえGoogleツールバーのサポートが終了してもうすぐ1年。Firefoxも高速リリースサイクルに変わり、今回で「11.0」になりました。 現状は騙し騙し動いている状態ですが、何時OSやブラウザの不具合原因になるかも知れません。問題が起こって困らないためにも、 Googleツールバー を使わない環境への移行を進めることが必要な時期になってきたように思います。

Googleツールバーをアドオンで置き換えてみる
http://babooshka-innerjourneys.blogspot.com/2011/10/google.html

0 件のコメント :