2012年6月9日土曜日

Firefox13がリリースされました。

Firefox13がリリースされましたね。
Firefox13.0ダウンロード
http://mozilla.jp/firefox/

Firefox13.0リリースノート
http://mozilla.jp/firefox/13.0/releasenotes/


今回は「スタートページ」と「新しいタブページが」新しくなっています。

新しいスタートページ

ツールバーのホームボタンを押すか、Alt+Homeを押すとスタートページに変わります。 

このスタートページ中央にはGoogle検索、下部分にはクイックリンクが配置されています。 このクイックリンクには、ダウンロード、ブックマーク、履歴、アドオン、Sync、オプション が配置されています。この場所からなら、メニューから呼び出すよりも1スッテップ早くアクセスできそうですね。

キーボードショートカットでも早そうですが、ダウンロードウインドウはCtrl+j、ブックマークサイドバーを開くはCtrl+b、 閉じるはCtrl+i、履歴サイドバーを開くはCtrl+h、アドオンマネージャを開くはCtrl+Shift+a、Syncは?、オプションは? このキーボードショートカットはなさそうです。やっぱりクイックリンクのほうが早そうですね。
新しくなったスタートページ
スタートページを変更している場合は、次の操作で新しいスタートページを表示できるようになります。

  1. メニューから「オプション」を選択
  2. 「一般」パネルを選択
  3. 「起動」セクションの「初期設定に戻す」ボタンをクリック
  4. OKボタンをクリック。

オプション
スタートページに検索窓をを配置している理由がおもしろいです。
MoZillaの調査では、多くのユーザーがホームボタンを押して検索を始めようとするからだそうです。
ユーザーがFirefoxの検索バーに気づいていないのか、それを使いたくないのか。  それはたぶん、検索バーの履歴の順番では…

Firefoxの検索バーは、「入力順」ではなく「文字(コード?)順」に出てくるみたいなので、これを使いにくいと思うユーザーが多いのではないでしょうか。 私もGoogleツールバーで、「入力の新しいもの順」に慣れ親しんだため、「文字順」ではちょっと使いづらくて、「入力順」に表示できるアドオンを入れて使っています。

ホームボタンを押して検索を始めようとする理由は、”スタートページに「Google.co.jp」が設定してあり、ホームボタンで呼び出してから検索する。”(これは以前の私の場合)。 

新しいタブページ

タブの右側の「+」ボタンを押すか、Ctrl+tを押すとタブページが開きます。 chromeのタブページと似ていますが、Firefoxのタブページではピン留め、削除、並べ替えができるようになっていなす。 ブックマーク代わりに、よく訪れるサイトをピン留めしておくと便利そうですね。



GoogleツールバーはFirefox13でも動いているようです。

今回のバージョンアップでは互換性チェックに引っかかって無効化されていますが、install.rdfファイルの <em:maxVersion>13.0.*に修正すれば動作するようです。

修正方法はこちらを参照ください。

install.rdfファイルの修正部分です。
現状は、Googleツールバーを常用せずに、前記事の「Googleツールバーをアドオンで置き換えてみる」 http://babooshka-innerjourneys.blogspot.jp/2011/10/google.html のように「アドオンで置き換え化」しています。

2 件のコメント :

匿名 さんのコメント...

Firefox13でgoogleツールバーが使えなくなって、
もう潮時かなと思いアドオンを削除した後、代替え
手段を探していたところ、同サイト様の記事でまだ
使える事が分かり、速攻リカバリーして記事通りの
手順で無事googleツールバーがしぶとく使える様に
なり本当に助かりました。

googleツールバーWeb翻訳ボタンの全体翻訳は、
やはり便利すぎですね。Youtubeの翻訳とか。。
無論、同サイト様で紹介していた翻訳アドオンも
便利で今後いろいろ使い分けていきます。

とても参考になりました。有難うございました。

babooshka さんのコメント...

匿名さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
お役に立てたようで良かったです。

Web翻訳機能は便利ですね。私の常用している翻訳アドオンは「Transmaker」です、このアドオンとても便利ですね。