2012年8月25日土曜日

APB-1でSDRを楽しむ。

先日完成したアクティブアンテナWSMLを、おじさん工房のAPB-1に接続して、JJYを受信してみました。

APB-1はSDRラジオとして使うこともできます。オーディオ出力端子はアナログ出力IQ出力を切り替えることができるので、アナログ出力にヘッドフォンを接続すればSDRラジオになります。
IQ出力をPCに接続してSDRソフトウェア(HDSDRWinradなど)を使用すると、SDR受信機になります。

SDR受信機ではPERSEUSが有名です。今回は、IQ出力をHDSDRに接続して、このSDR受信機の雰囲気を味わってみました。

受信の様子をyoutubeにアップしました。最初は、60kHzの「はがね山標準電波送信所」を、途中から、40kHz の「おおたかどや山標準電波送信所」の信号を受信しています。

プリアンプ基板PRE-1を接続していないため感度不足ですが、なんとか受信できているようです。


今回HDSDRを初めて使いました。使っているうちに、中心周波数の反対側にイメージ信号が見えることに気づいたのですが、どっちが本物の信号なのか、よく分からなくなってしまいました。後に、OptionメニューRX Channel Skew Adjustment Panelを調整することで、取り除くことができるとわかりました。

0 件のコメント :