2012年9月19日水曜日

秋月の2分配器

分配器 その 1 その 2 、 に続いて分配器その 3 です。今回は現行品で安価に入手可能な、秋月電子の 2 分配器です。

このデータは 7 月に取っていたのですが、暑さのせいですっかり書くのを忘れていました。

Web サイトの PDF 資料によると、帯域は10 MHz ~ 2610 MHzとなっています。ケースは亜鉛ダイキャストケース(錫メッキ)の密閉された構造なので蓋を開けるのにはコツがいるようです。今回はマイナスドライバを使って少しずつ開けていきました。また、怪我をしないように注意が必要です。

PDF 資料に書かれているように、それぞれの出力端子は基板上の電流通過用のダイオードとそれに並列接続されたコンデンサに接続されています。

入力端子側の DC カットコンデンサは GND 側に入っています。以前に見た電流通過タイプの分配器では、入出力間をコイルでバイパスする方法でした。

回路図はPDF資料(JS-2SA-spec.pdf)より引用しました。

今回の 30 MHz 以下の受信用にするための改造では、電流通過用のダイオードDC カットコンデンサを取り外してジャンパーで短絡しました。

APB-1を使って測定



分配損失

分配損失の測定結果です。空いている他方の出力端子は OPEN, SHORT, 50 Ω終端の各状態で測定しました。

2 MHz 以下の挿入損失を見てみると-4 dB前後です。中波受信用としても使えそうな感じです。



出力端子間のアイソレーション

つぎに、入力端子を 50 Ωで終端し、出力端子間のアイソレーションを見てみました。

500 kHz でも 10 dB 以上とれています。

取り外したコンデンサをテスタで測定したところ0.1 μFでした。以前に分解した分配器では0.001 μFがついていました。

製品仕様の下限周波数 10 MHz のとき、0.1 μFでは Xc = 159 Ωなので、HF の受信用ならば無改造で使えるかもしれませんが、MW の受信用として使う場合、1600 kHz以下ではXc = 10 kΩ以上になるため、やはりコンデンサは取り外して、パターンを短絡してしまうほうが良さそうです。

LF 付近も気になりますね、データを取っておくべきでした。

計算間違っていました。
0.1 μFは、10 MHz のときXc = 0.159 Ω1600 kHzのときXc = 0.995 Ω100 kHzではXc = 15.9 Ωなので、あまり影響なさそうです。これなら無改造でも使えそうですね。

ちなみに0.001 μFでは、10 MHz のときXc = 15.9 Ω1600 kHzのときXc = 99.5 Ω100 kHzではXc = 1592 Ωです。

0 件のコメント :