2012年12月24日月曜日

BarGraphViewer20121224をリリースしました

ファイル名は「 BarGraphViewer20121224.zip 」です。

このページ上部メニューの「 WebSite BarGraphViewer 」から、ダウンロードページに移動できます。



今回の変更点

  • バーグラフの描画方法を見直して、オートフィルタ表示の問題点を修正しました。
  • この修正によりオートフィルタ実行時の再描画が不要となりましたので、メニューから再描画を削除しました。
  • バーグラフを作成後にオートフィルタ ON に設定して、ウィンドウを分割表示するようにしました。

バージョンアップする場合は、「 BarGraphViewer20121224.zip 」ファイルを解凍後、取り出した BarGraphViewer.xla ファイルを、以前の BarGraphViewer.xla に上書きすれば OK です。

今回の変更では、先日の投稿の「 Excel 罫線のオートフィルタの問題点 」の結果を BarGraphViewer に反映しています。



以前の投稿で Excel オートフィルタと BarGraphViewer について 2 つの記事を書きました。

しかしながら、暫定策としてのオートフィルタの再描画が、反対に使い難さとなってしまい引っかかっていました。

今回の変更によって、オートフィルタ実行時のバーグラフの再描画が不要になったので、気兼ねなくオートフィルタを使った絞込みが使えるようになりました。



オートフィルタの動作を確認

いくつかの Excel でオートフィルタの動作を確認してみました。下図のオートフィルタ項目にはR.JAPANを指定しています。いずれの結果でも、フィルタ後のバーグラフが正しく表示されています。

Excel 2003 SP3・Windows XP SP3

Excel 2000 SP3・Windows XP SP3

Excel 2010 評価版・Windows 7 Enterprise 評価版

Excel 2013 Preview・Windows 8 Release Preview

0 件のコメント :