2013年12月20日金曜日

Windows UpdateのCPU使用率が長時間100%になる

これは、ここ数ヶ月間の WindowsXP の月例 Windows Update で起きている、CPU使用率が長時間 100% になる現象です。この問題は WindowsXP をシングルコアCPUで使用している環境で発生するようで、長時間 CPU 使用率が 100% の状態が続き、その間のPC動作が非常に重くなり通常操作が困難な状態になってしまいます。またこの現象は Windows Update が終了すると収まります。

先月までは「古いPCだから仕方が無いなぁ」と諦め状態でこの現象を受け入れていましたが、今月の症状は、先月に増して長時間に感じたので解決策を調べてみました。分ったことを次月に役立てることができるように書き留めておきます。

原因は

「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」の検出処理に起因する問題とされています。

対策は

「Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム」を事前に単独インストールすることで回避できるようです。

方法は

実際に私が行った手順を次に掲げます。

  1. Windowsの自動更新を無効にする

    自動更新が始まるとSvchost.exeの CPU 使用率が 100% になってしまい操作に支障をきたすため一時的に無効にします。

  2. 適用する更新プログラムを取得する

    1. マイクロソフトのセキュリティパッチ情報

      マイクロソフトのセキュリティ TechCenter のウェブサイトに行き最新セキュリティ情報から、適用する更新プログラムの情報を調べます。項目のタイトル名は、例えば当月なら「2013 年 12 月のセキュリティ情報」です。

      セキュリティ TechCenter:
      http://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bb291012.aspx

    2. 当月の「Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム 」の番号を調べる。

      例えば、2013年12月の場合は

      Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2898785) このセキュリティ更新プログラムは非公開で報告された 7 件の Internet Explorer に存在する脆弱性を解決します。・・・(以下省略)
      なので、番号は2898785です。

    3. 該当する更新プログラムを取得する。

      更新プログラムは Microsoft Update カタログか、Microsoft ダウンロード センターから取得します。

      例えば、更新プログラム番号が2898785WindowsXP用を検索するなら、キーワードにKB2898785 XPと入れて検索します。

      検索結果は複数表示されます。使用している CPU が x86 か x64 でファイルが違います、さらに適用する Internet Explorer バージョンでも IE6 IE7 IE8 用でファイルが違うので注意が必要です。ここから、使用環境に適合した更新プログラムをダウンロードします。

  3. 個別にIEの更新を適用する。

    先ほどダウンロードした更新プログラムを単独で実行しインストールします。

  4. Windowsの自動更新を有効に戻す。

    自動更新を行うため有効にします。

  5. 自動更新を行う。

    Microsoft Updateを実行し通常の自動更新を行います。事前に「Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム 」を個別インストールしておくことで、自動更新がスムーズに進みました。

少し手間がかかりますが、今月はこの方法でうまくいきました。WindowsXP の残り期間も後わずかなので、そろそろ Windows7 へ移行する準備に取り掛かろうと思っています。



参考
「Windows XP や Windows Server 2003 環境において、Windows Update 実行時に Svchost.exe の CPU 使用率が 100 % となる、時間を大幅に要する」:日本マイクロソフト セキュリティ サポート部門 WSUS 担当チームのブログ

0 件のコメント :