2014年7月31日木曜日

Sublime Text2の翻訳プラグイン

SublimeBingTranslator

テキストエディタSublime Text2の翻訳プラグイン「SublimeBingTranslator」、選択したテキストの翻訳結果を別ファイルに表示します。テキストを翻訳しながら読みたいときにとても便利、翻訳にはBing Translator APIが使われています。

テキストを選択

翻訳結果を新しいファイルに表示


インストール

Sublime Text2のPackage Controlで簡単にインストールできます。Package Controlはパッケージ名を途中まで入力すると、マッチしたものを絞り込んで表示してくれます。

Command PaletteCmd+Shift+Pで開きます。

  • installと入力して、install Packageを選択。
  • bingと入力して、プラグインBing Trasnlatorを選択。
  • プラグインを有効にするため、Sublime Text2を再起動。

標準の翻訳設定は英語から日本語と、日本語から英語です。翻訳設定の変更方法や使い方については、作者さんのweb siteに書かれていますので「visible true: Bing Translator APIを使ったSublime Text 2の翻訳プラグインが無かったので作った話」を参照してください。



キーマップの変更

使い慣れているReplace Translator : Firefox addonに合わせて、キーマップを変更してみました。

新しいキーバインドをユーザー用のキーバインドに追加します。

[
    { "keys": ["alt+shift+r"], "command": "select_translate" },
    { "keys": ["alt+shift+t"], "command": "select_translate_reverse" }
]


翻訳結果を末尾に追加したい

標準では翻訳結果が新しいファイルBing Transrator Results.の先頭行に追加されます。私の場合、翻訳結果が文脈どおりに読めるほうがいいので、翻訳結果を末尾行に追加するように変更してみました。

SublimeBingTranslator.pyを開き、show_result()を変更します。

Windows7の場合は、対象ファイルはここにあります。

C:\Users\{ユーザ名}\AppData\Roaming\Sublime Text 2\Packages\Bing Translator\SublimeBingTranslator.py

以下のようにview.insert(edit, 0, result)の部分を変更します。

変更前

 def show_result(self, edit, source_text, translated):
  view = self.get_result_view()
  result = "*translate*\n"
  result += "------------------------\n"
  result += source_text + "\n"
  result += "- - - - - - - - - - - - \n"
  result += translated + "\n"
  result += "------------------------\n"
  result += "\n"
  view.insert(edit, 0, result)

変更後

 def show_result(self, edit, source_text, translated):
  view = self.get_result_view()
  result = "*translate*\n"
  result += "------------------------\n"
  result += source_text + "\n"
  result += "- - - - - - - - - - - - \n"
  result += translated + "\n"
  result += "------------------------\n"
  result += "\n"
  view.insert(edit, view.size(), result)

これで翻訳結果が末尾行に追加されるようになりました。

SublimeBingTranslatorはとても便利なプラグインです、作者さんありがとうございます。

0 件のコメント :