2014年9月3日水曜日

Firefox32.0がリリースされました。

デスクトップ版Firefoxのダウンロード
http://www.mozilla.jp/firefox/download/
デスクトップ版Firefoxのリリースノート
http://www.mozilla.jp/firefox/32.0/releasenotes/

新機能では、公開鍵のピンニング機能が有効に。コンテキストメニューにナビゲーションボタンの追加。検索ツールバーの検索結果の件数表示などが追加されました。新機能の詳細はリリースノートをご覧ください。



デスクトップ版Firefoxの、開発ツールの更新と追加された機能



開発ツールのUIに、HiDPI(高解像度ディスプレイ)をサポートする新しい画像が追加されました。



インスペクタ


インスペクタの情報バーにノードの寸法表示が追加されました。


ユーザーエージェントのスタイル設定を表示できるようになりました。

これは計算済みビューの「ブラウザ CSS」とは違い、ブラウザが適用するスタイルを表示します。
さらに詳しく

この機能はデフォルトで無効化されています。有効にするには開発ツールのオプションを開き、「調査」の「ブラウザ CSS を表示」をチェックします。


「display:none」で非表示に設定されたノードは、マークアップビューに淡色で表示されるようになりました。


ルールビューのfont-family プロパティのツールチップに、適用されているWebフォントのプレビューが追加されました。


ノードのコンテキストメニューに、「outerHTML に貼り付け」が追加されました。



ツールバー


要素の選択ボタンの位置が変更されました。

要素の選択ボタンはツールバーの左端(インスペクタのタブの左隣)に移動されました。


ページ全体のスクリーンショットボタンが追加されました。

スクリーンショットボタンの押下で、スクリーンショットがダウンロードフォルダに保存されます。 ただし、スクリーンショットボタンを押してもクリックアニメーションなどは無く無反応なので、ボタンの押しすぎに注意してください。

この機能はデフォルトで無効化されています。有効にするには開発ツールのオプションを開き、「利用可能なツールボックスのボタン」の「ページ全体のスクリーンショットを撮影します」をチェックします。

開発ツールバー(Shift + F2)のscreenshotコマンドでも同じことができます。

screenshot my_screen --fullpage

と入力すると、ファイルmy_screen.pngがダウンロードフォルダに保存されます。



Web Audio Editor


Web Audio Editorが追加されました。

Web Audio Editorはページ内のオーディオコンテキストのグラフを可視化します。グラフ内のノードを選択すると、画面右側にノードインスペクタが表示されます。ここではプロパティの調査や編集ができます。さらに詳しく

また、表示されるプロパティの値はノードを選択したときの値です、この値はリアルタイムに更新されるわけではないので注意してください。

デフォルトで無効化されています。有効にするには開発ツールのオプションを開き、「標準のFirefox開発ツール」の「Web Audio」をチェックします。



スクラッチパッド


コードの補完と型情報のポップアップ表示が追加されました。

  • オートコンプリート候補の表示Ctrl + Space

  • カレントシンボルに関する情報の表示Shift + Space

    (Firefox33以降はCtrl + Shift + Space)

    さらに詳しく


0 件のコメント :