2014年10月31日金曜日

LibreOfficeのアップデート用スクリプト

LibreOffice 4.3.3 がリリースされました。

LibreOffice のインストールやアップデートでは「メインインストーラー」と「日本語のLibreOffice組み込みヘルプ」の2つのファイルをインストールする必要があります。

そこで、毎回のアップデート作業の手間を減らすために、簡単なスクリプトを書いてみました。バッチファイルの引数にインストールするLibreOfficeのバージョン番号を与えるだけでアップデートできます。



使い方

あらかじめ「メインインストーラー」と「日本語のLibreOffice組み込みヘルプ」をダウンロードしておきます。保存フォルダはバッチファイルと同じ場所にします。(例 保存フォルダc:\lo_tmp

LibreOffice最新版のダウンロード
http://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-fresh/

  1. 下記のコードをファイル名lo_update.batで保存します。(例 保存フォルダc:\lo_tmp

  2. スタートメニューのコマンドプロンプトを右クリック、「管理者として実行」で起動。

  3. lo_update.batの保存フォルダへ移動。(例 cd c:\lo_tmp

  4. バッチファイルを実行

    (例 LibreOffice 4.3.3 にアップデートする場合はlo_update 4.3.3を入力。)

  5. 「メインインストーラー」のインストール結果のダイアログを表示。

  6. 「日本語のLibreOffice組み込みヘルプ」のインストール結果のダイアログを表示。

  7. アップデート完了

インストール結果はカレントフォルダのログファイルに書き込まれます。

  • 「メインインストーラー」のインストールログファイルはlogfileMain.txt
  • 「日本語のLibreOffice組み込みヘルプ」のインストールログファイルはlogfileHelppack.txt


LibreOffice アップデートスクリプト

このバッチファイルでは、「メインインストーラー」と「日本語のLibreOffice組み込みヘルプ」のインストール結果だけをダイアログ表示するようにしています。

サイレントインストールする場合は、「INSTALL」セクション(45行目~)のmsiexec.exeのオプションを、/qn+から/qnに変更すればOKです。

ご注意!:コマンドプロンプトのデフォルトのエンコードは「シフトJIS」なので、バッチファイルの保存時のエンコードも「シフトJIS」で保存しないと文字化けします。

lo_update.bat

Nov 9, 2014 追記:
ダウンロードも自動化してみました。「 cURL コマンドを使って LibreOffice を自動アップデート

0 件のコメント :