2015年4月7日火曜日

Firefox37.0.1がリリースされました。

2015年03月31日に Firefox37.0 がリリースされました。

2015年04月03日に Firefox37.0.1 がリリースされました。

デスクトップ版 Firefox のダウンロード
http://www.mozilla.jp/firefox/download/
デスクトップ版 Firefox のリリースノート
http://www.mozilla.jp/firefox/37.0/releasenotes/
http://www.mozilla.jp/firefox/37.0.1/releasenotes/

新機能では

Firefox へのレーティングとフィードバックを行うシステム Heartbeat が実装されたほか、証明書の集中的な廃止のために OneCRL がサポートされました。これにより偽装サイトに対する保護がより強力になりました。

Firefox37.0 でサポートされた HTTP/2 AltSvc の脆弱性が発見されました。この機能は Firefox37.0.1 で無効化されています。

そのほかの新機能の詳細はリリースノートをご覧ください。



デスクトップ版 Firefox の、開発ツールの更新と追加された機能のまとめ



WebIDE

Valence (Firefox ツールアダプタ)アドオン

WebIDE の Valence アドオンが自動インストールされるようになりました。

Valence は Firefox の開発ツールで、他のブラウザが提供しているリモートデバッグプロトコルに接続してデバッグできるようにする実験的なアドオンです。現時点でのデバッグ対象はデスクトップ版および Android 版の Chrome と iOS 版の Safari をサポートしています。

デスクトップ版 Chrome に起動オプション --remote-debugging-port=9222を付けて起動後。Firefox37 の WebIDE から接続できるか試してみましたが、

プロジェクトを読み込めません。新しいバージョンの Firefox のプロファイルを使用した場合に発生する可能性があります。
のメッセージが現れてしまい、Valence アドオンで追加されるはずの 3 種類のランタイムはメニューに表示されませんでした。私の環境の IndexedDB に問題があるようですが解決できませんでした。

同じことを Firefox Developer Edition 39.0a2(2015-04-06) の WebIDE で試してみたところ、Chrome デスクトップに接続することができました。

今回の Firefox37 では「Valence アドオン(Firefox ツールアダプタ)が自動インストールされるようになった。」ところまでで、WebIDE からの接続は未だのようです。今のところ、実験的なアドオンのプレビューとして公開されている段階なので、興味のある方は Firefox Developer Edition で試されることをお勧めします。

さらに詳しく :


デバッガのサーバーモード

これは WebIDE から Firefox のリモートデバッグを行う機能です。同一マシン上で実行している別のインスタンスのデスクトップ版 Firefox を、デバッガのサーバーモードに設定してリモートデバッグできます。

Firefox37 は、開発ツールバー(SHIFT + F2)を開いて以下のコマンドを入力すると、デバッガのサーバーモードが起動して、指定したポート番号からの接続を待ち受けて待機します。

listen 6000

次に、Firefox Developer Edition 39 の WebIDE から Firefox37 へ接続してみます。

メニューのリモートランタイムを選択して、ホスト名:ポート番号を指定して接続します。

インスペクタを起動して Firefox Developer Edition 39 の WebIDE 経由で、 Firefox37 の スタートページに表示されているロゴのサイズを変更してみます。

このように WebIDE 経由で Firefox37 の スタートページのロゴのサイズを変更することができました。

Firefox37 以降では、サーバーモードの指定をコマンドラインの実行オプションで設定できます。

/path/to/firefox --start-debugger-server

待ち受けポートナンバーを指定しない場合は、デフォルトポート 6000 で待ち受けします。

ポート番号を指定する場合は、オプションの引数にポート番号を設定します。

/path/to/firefox --start-debugger-server 1234

さらに詳しく :


カスタムビルドステップの実行

カスタムビルドステップが必要な場合、アプリのルートに "package.json" ファイルを設置することで WebIDE へ指示を送ることができます。

さらに詳しく :



インスペクタ

インスペクタの CSS ペインに、アニメーションビューが追加されました。このビューには選択した要素のアニメーションを 再生/一時停止 するボタンと、経過時間を表すコントロールが追加されています。



ネットワークモニタ

ネットワーク要求の詳細ペインに、セキュリティ(暗号化)タブが追加されました。

HTTPS で接続している場合、ネットワーク要求の詳細ペインに "暗号化" タブが表示されます。このタブでは、プロトコルバージョン、暗号アルゴリズム、証明書情報などの、セキュアな接続に関する詳細情報が表示されます。



デバッガ

chrome: および about: のページは、通常のWebページと同様にデバッグできるようになりました。