2015年12月17日木曜日

Firefox43 がリリースされました

2015年12月16日に Firefox43.0 がリリースされました。

2015年12月18日に Firefox43.0.1 がリリースされました。

2015年12月23日に Firefox43.0.2 がリリースされました。

2015年12月28日に Firefox43.0.3 がリリースされました。

2016年01月06日に Firefox43.0.4 がリリースされました。

デスクトップ版 Firefox のダウンロード
http://www.mozilla.jp/firefox/download/
デスクトップ版 Firefox のリリースノート
http://www.mozilla.jp/firefox/43.0/releasenotes/
http://www.mozilla.jp/firefox/43.0.1/releasenotes/
http://www.mozilla.jp/firefox/43.0.2/releasenotes/
http://www.mozilla.jp/firefox/43.0.3/releasenotes/
http://www.mozilla.jp/firefox/43.0.4/releasenotes/

新機能では

プライベートブラウジングのトラッキング保護機能で使用するブロックリストを変更できるようになりました。デフォルトのトラッキング保護機能では「基本保護リスト」を使用していますが、さらに厳格に保護したい場合は、「厳格保護リスト」に切り替えることができます。

さらに詳しく

ロケーションバーの入力時に、補完リストにマッチした検索候補の一覧を表示するようになりました。

さらに詳しく

そのほかの新機能の詳細はリリースノートをご覧ください。



デスクトップ版 Firefox の開発ツールに追加された機能



インスペクタ

ルールビューの検索条件に「検索キーワードに完全一致」が追加されました。

この機能で検索するには検索キーワードを`バッククォートで囲みます。

例えば検索キーワードに`color` と入力すると、colorに完全一致するプロパティだけをハイライトします。

さらに詳しく


疑似クラスが適用されたすべてのノードをマーク

ルールビューで疑似クラスを設定すると、疑似クラスを適用していることを示す橙色の丸印を マークアップビューの関連するノードに表示します。

さらに詳しく


オーバーライドされたプロパティを簡単に探す機能が追加されました。

この機能を使うにはオーバライドされたプロパティの横の虫眼鏡のアイコンをクリックします。一致するプロパティだけがハイライトされるので、どこでオーバーライドされたのか簡単に確認できます。

さらに詳しく


アニメーションインスペクタのUIが改良されました。


さらに詳しく


選択したノードを変数から参照する機能が追加されました。

この機能を使うには、インスペクタの HTML ペインでノードを選択後、コンテキストメニューの "コンソールで使う" をクリックします。このとき表示されるスプリットコンソールの中で、選択したノードが変数に代入された状態になります。ここでの変数名はtemp0が割り当てられます。この変数名が既に使用中の場合は、変数名の数値部分が連番で付与されます。

つぎの例では、ノード<h1>いまだかつて無いほどに速い</h1>を選択後、変数temp1に代入されたノードのtextContentプロパティを表示しています。再び同じ操作を行なうと、ノードが新しい変数temp2に代入された状態で待機していることがわかります。

さらに詳しく



Webコンソール

ネットワーク項目内のメッセージをクリックするとネットワークモニタに移動します。

ネットワークモニタではメッセージに該当するリクエストの詳細や、レスポンスの情報を表示します。

さらに詳しく


サーバから送信されたメッセージを Web コンソールで表示できるようになりました。

Webコンソールにサーバーログを表示するには、フィルタリングでサーバーをアクティブにします。

さらに詳しく



ツールボックス

開発ツールのオプション設定へのショートカットキーF1が追加されました。

ツールボックスにフォーカスがある状態で、F1キーの押下でツールボックスのオプション設定ペインが開きます。再度F1キーの押下で元のツールペインに戻ることができます。

さらに詳しく



開発ツールバー

screenshotコマンド

開発ツールバーでスクリーンショットを取得する際に、device Pixel Ratio を指定できるようになりました。

コマンドの補完候補に--dpi Dots/inchが表示されますが、実はこのオプションは--dpiではなく、正しくは--dpr 端末のピクセル比(device pixel ratio)の間違いのようです。

Firefox Developer Edition 44.0a2で確認すると--dprの補完候補が表示されます。

実際に Firefox 43 のscreenshot --dpi 1コマンドと、Firefox Developer Edition 44.0a2 のscreenshot --dpr 1コマンドで確認すると、同じサイズの画像を取得できます。


security referrerコマンド

セキュリティコマンドは、Webサイトのセキュリティ情報を表示するコマンドです。
今回追加されたsecurity referrerコマンドはWebサイトのリファラーポリシーを表示します。

さらに詳しく



ネットワークモニタ

リクエストのセキュリティ状態を表すアイコンをドメイン名の先頭に表示します。


さらに詳しく

0 件のコメント :