2014年9月30日火曜日

MP3をiTunes Podcastに変換

広島大学外国語教育研究センターでは、英語学習のためのPodcast「 Hiroshima University's English Podcast」を配信しています。このPodcastでは「やさしい英語会話」をはじめ「アメリカ探究の旅」や「ドラマで英語を学ぼう」「異文化ディスカッション」など趣向を凝らした番組内容を楽しむことができます。

PodcastをiTunesに登録すると、最新タイトルを含めて最近配信された数十タイトルがiTunesにダウンロードされて聴取可能になります。また、ウェブサイトでは最新タイトルから過去タイトルまで、全てのタイトルの聴取やダウンロード( MP3 )が可能です。

さらにウェブサイトではPodcastの解説やスクリプトが記載されており、番組内容のチェックやPodcastで聞き取りにくい単語などを文字で確認することができるため、とても便利です。

iTunesの場合は、歌詞表示用のエリアを利用して番組スクリプトが書き込まれています。その場合はPodcastファイルのプロパティを開き、歌詞のタブをクリックします。

追記:Feb 09, 2015
新しいiTunesでは、プロパティダイアログの表示が変更になりました。

  • 新しいタイトルの場合:
    タイトル右横の「さらに見る」をクリック、あるいは右クリックメニューの「説明を表示」をクリックでスクリプトを表示できます。
  • 古いタイトルの場合:
    新しいプロパティダイアログには歌詞タブがありません。以前のプロパティダイアログを呼び出すには、SHIFTを押したままで右クリックメニューの「プロパティ」をクリックします。すると、以前のプロパティダイアログが表示されるので歌詞タブを表示できます。



現在のPodcastに過去タイトルを加えたい

Podcastの登録時に配信されるタイトル数は、最新タイトルを含めて最近配信された数十タイトルです(約50タイトル)。これ以外の過去タイトルをPodcastに加えたい場合は、ダウンロードしたMP3ファイルをiTunesに登録することになります。

ダウンロードしたMP3ファイルをiTunesに登録すると、通常の「ミュージック」ファイルとして登録されます。このファイルをPodcastに変換するには、ファイルのプロパティの「オプション」タブを開き、「メディアの種類」をミュージックからPodcastに変更します。

ただし、この方法で変換した場合は別の番組エピソードとしてPodcastに登録されてしまいます。



過去タイトルを同じ番組エピソードに加えたい

過去タイトルのMP3ファイルを現在のPodcastと同じ番組エピソードに加えるには、他にも設定しなければならない項目があります。しかし、この項目はiTunesのファイルのプロパティで設定することができません。なぜなら、その項目は購読登録したPodcastからiTunesが自動的に設定する項目だからです。

どうすればいいの?

ここで「Mp3tag」の出番です。Mp3tagは多くのメディアファイル形式に対応したメタデータ(タグ)編集ツールで、多くのGUIツールの中でもiTunes Podcastのメタデータの編集に対応しているのが特徴です。

このMp3tagを使うと「MP3ファイルをPodcastに変換」を行うことができます。以下に手順を説明します。



Mp3tagオプション設定

MP3ファイルのメタデータの中でPodcastに最低限必要な項目は、ID3v2フレームのPCSTWFEDです。

今回は登録済みのPodcastに合わせるためTDRL,PCST,TGID,WFED,TCATを追加します。

タグパネルにフィールドを追加

「ツール」-「オプション」を開き「フィールドを追加」ボタンをクリック。「フィールドを編集」ウインドウでタグパネルに項目を追加します。

つぎの表は追加する項目の一覧です。ドロップダウンリストから「フィールド」を選択して「名前」を入力します。

フィールド 名前 ID3
RELEASETIME リリース日 TDRL
PODCAST メディアの種類 PCST
PODCASTID PODCASTID TGID
PODCASTURL PODCASTURL WFED
PODCASTCATEGORY PODCASTCATEGORY TCAT

入力が完了するとこのようになります。並び順は上下ボタンで変更できます。

カラムの表示項目を追加

「表示」-「カラムのカスタマイズ」を開き、「新規作成」ボタンをクリック。「カラムの表示を設定」ウインドウで項目を追加します。

つぎの表は追加する項目の一覧です。「名前」「値」「フィールド」の各項目を入力します。

名前 フィールド
リリース日 %releasetime% %releasetime%
メディアの種類 %podcast% %podcast%
podcastid %podcastid% %podcastid%
podcasturl %podcasturl% %podcasturl%
podcastcategory %podcastcategory% %podcastcategory%

上表の「値」の項目を次のようにしておくと、「フィールド値」を一括入力することができます。
**注意** この「値」の項目は、今回の作業終了後に上表の内容に戻しておきましょう。そうしないと他のファイルを開いたときに、実際と違う値が表示されてしまいます。

  • リリース日
    20$mid(%_filename%,1,2)-$mid(%_filename%,3,2)-$mid(%_filename%,5,2)
  • メディアの種類
    1
  • podcastid
    http://pod.flare.hiroshima-u.ac.jp/cms/media/1/%_filename_ext%
  • podcasturl
    http://pod.flare.hiroshima-u.ac.jp/cms/xml-rss2.php
  • podcastcategory
    Podcast (Dialogue)

入力が完了するとこのようになります。並び順は「上に移動」「下に移動」ボタンで変更できます。



メタデータを書き込む

予めPodcastに変更したいMP3ファイルを、「 Hiroshima University's English Podcast」のウェブサイトからダウンロードしてフォルダにまとめておきます。このとき、ファイル名はオリジナルのまま変更せずに保存します。

Mp3tagの「ファイル」-「ディレクトリの追加」でフォルダを指定して開きます。

カラムのカスタマイズ設定で「値」を一括設定できるようにしていれば、「リリース日」や「podcastid」がファイル名から自動的に計算されて表示されます。ただし、この状態の値は表示のみで、入力値はまだ確定していないので注意してください。

フィールド値の確定は、該当セルをクリックして編集モードに入り、つぎにenterキーを押すと表示値が確定します。この操作を先頭行から開始してenterキーを押し続けると、全ての行の値を確定することができます。

最後に、全て選択Ctrl+Aキーで保存対象のファイルを選択して、タグの保存Ctrl+Sキーでメタデータをファイルに書き込めば完了です。

Mp3tagオプション設定の「カラムのカスタマイズ設定」を元に戻すのを忘れないでください。



Podcastに変更したMP3ファイルをiTunesに登録

iTunesで「ファイル」-「フォルダをライブラリに追加」を選択し、上記でPodcastに変更したMP3ファイルフォルダを追加します。

これで、同じ番組エピソードの中に登録できました。リリース日順に並べると、古いものから順に聴取することができます。



最後に、広島大学外国語教育研究センターのスタッフの皆さんに感謝! 素敵なPodcastをありがとうございます。

2014年9月3日水曜日

Firefox32.0がリリースされました。

デスクトップ版Firefoxのダウンロード
http://www.mozilla.jp/firefox/download/
デスクトップ版Firefoxのリリースノート
http://www.mozilla.jp/firefox/32.0/releasenotes/

新機能では、公開鍵のピンニング機能が有効に。コンテキストメニューにナビゲーションボタンの追加。検索ツールバーの検索結果の件数表示などが追加されました。新機能の詳細はリリースノートをご覧ください。



デスクトップ版Firefoxの、開発ツールの更新と追加された機能



開発ツールのUIに、HiDPI(高解像度ディスプレイ)をサポートする新しい画像が追加されました。



インスペクタ


インスペクタの情報バーにノードの寸法表示が追加されました。


ユーザーエージェントのスタイル設定を表示できるようになりました。

これは計算済みビューの「ブラウザ CSS」とは違い、ブラウザが適用するスタイルを表示します。
さらに詳しく

この機能はデフォルトで無効化されています。有効にするには開発ツールのオプションを開き、「調査」の「ブラウザ CSS を表示」をチェックします。


「display:none」で非表示に設定されたノードは、マークアップビューに淡色で表示されるようになりました。


ルールビューのfont-family プロパティのツールチップに、適用されているWebフォントのプレビューが追加されました。


ノードのコンテキストメニューに、「outerHTML に貼り付け」が追加されました。



ツールバー


要素の選択ボタンの位置が変更されました。

要素の選択ボタンはツールバーの左端(インスペクタのタブの左隣)に移動されました。


ページ全体のスクリーンショットボタンが追加されました。

スクリーンショットボタンの押下で、スクリーンショットがダウンロードフォルダに保存されます。 ただし、スクリーンショットボタンを押してもクリックアニメーションなどは無く無反応なので、ボタンの押しすぎに注意してください。

この機能はデフォルトで無効化されています。有効にするには開発ツールのオプションを開き、「利用可能なツールボックスのボタン」の「ページ全体のスクリーンショットを撮影します」をチェックします。

開発ツールバー(Shift + F2)のscreenshotコマンドでも同じことができます。

screenshot my_screen --fullpage

と入力すると、ファイルmy_screen.pngがダウンロードフォルダに保存されます。



Web Audio Editor


Web Audio Editorが追加されました。

Web Audio Editorはページ内のオーディオコンテキストのグラフを可視化します。グラフ内のノードを選択すると、画面右側にノードインスペクタが表示されます。ここではプロパティの調査や編集ができます。さらに詳しく

また、表示されるプロパティの値はノードを選択したときの値です、この値はリアルタイムに更新されるわけではないので注意してください。

デフォルトで無効化されています。有効にするには開発ツールのオプションを開き、「標準のFirefox開発ツール」の「Web Audio」をチェックします。



スクラッチパッド


コードの補完と型情報のポップアップ表示が追加されました。

  • オートコンプリート候補の表示Ctrl + Space

  • カレントシンボルに関する情報の表示Shift + Space

    (Firefox33以降はCtrl + Shift + Space)

    さらに詳しく