2011年5月20日金曜日

Excelバージョンによる オートフィルタのリスト件数の違い

先日、Excelオートフィルタを使っている時に気が付いたのですが。オートフィルタのドロップダウンリストに表示される件数に、制限があるようなので調べてみました。

下図のFREQ列で、オートフィルタのドロップダウンリストを表示すると15,670kHzまでしか表示されていません。リスト自体は9,726行目の26,060kHzまでデータがあります。

オートフィルタのオプションを開きます。

ここでフィルタ条件を 20,000kHz以上 30,000kHz以下 に設定すると、条件どおりにフィルタされ、データの最終部分が表示されていることが確認できます。

調べてみると、このオートフィルタのドロップダウンリストで表示可能なデータ数は、Excel の各バージョンによって違いがあるそうです。

オートフィルタのドロップダウンリストに表示可能なデータ数 によると。

Excel5.0, Excel95では
リストの入力データのうち、重複しないものが250件目までが表示されます。

Excel97 / 2000 / 2002 では
リストの入力データのうち、重複しないものが1,000件目までが表示されます。

Excel2003で確認したところ1,000件目まででした。



Excel2007からは10,000件までになったそうなので、Excel2010評価版で確認してみました。
初めにデータを10,010行目まで作成します。

次にオートフィルタを1行目にセットし、ドロップダウンリストを開くと 2行目から10,001行目までのデータが10,000件表示されています。

「一部のアイテムは表示されていません」をクリックしてみると。

やはり10,000件までのようですね。

では青木リストではどうでしょう。

ドロップダウンリストには、データの最終行まで表示されていますね。

Excelも外観の見た目だけではなく、バージョンアップごとに細かい部分で機能が拡張されているのですね。

JJYシミュレータ ノートPC本体だけでOK

JJY シミュレータの前回の投稿では、時刻合わせのために外部スピーカやループアンテナを繋いでテストしました。

今回はノート PC 本体だけで時刻合わせが出来たのでレポートします。

動作確認したノート PC は ThinkPad T40 です。

時刻合わせの方法は、ノート PC 本体スピーカーの位置に電波時計を置きます。 これだけで OK です。

電波時計に上手く電波を受信させるコツは、電波時計内部のバーアンテナ部分を PC スピーカーのコイルに、できるだけ近づけるようにすることです。電波の受信レベルを表示できる時計ならば、レベル表示を見ながら時計の位置を調整することができます。

電波時計の機種によって、バーアンテナの位置がケース上部だったり下部だったりするので、いろいろ位置を変えながらベストポジションを見つけるといいようです。

5 台の電波時計をこの方法で試したところ、4 台は成功、1 台は失敗でした。 この失敗機種は、受信できているようですが時刻合わせ不可でした。( いま思い出しましたが、この機種は 60 kHz 受信専用タイプでした orz どうりでいつまで待っても合わないわけです。JJY シミュレータは 40 kHz の時刻合わせ用のソフトでした。)

電波時計全員集合

写真の前列 3 台は短時間で時刻合わせができました。後列左側は最初は受信できず置く場所を変えてみたところ、ようやく受信できるようになり時刻合わせができました。後列右側は勘違いしていた 60 kHz 専用タイプの電波時計です。

電波時計が、どうしてこんなにあるのかは聞かないでくださいね。実は他にも数台あったりします。

2011年5月3日火曜日

iPod nano用充電器

最近のポータブル・オーディオは小型で軽く、とても便利で使い易くなりました。電源も乾電池からリチウムイオン電池などの充電池を本体に内蔵するタイプに変わり、内蔵バッテリーの専用充電器なども必要とせず USB で充電するものが多くなりました。

そんな訳で PC を使っていない時に電池切れになってしまうと、充電のためだけに PC の電源を入れるような事になってしまいます。これでは電池の充電のために無駄に電気を使っているような感じがして、いつも「もったいないなあ」と思いながら充電していました。

そこで

使わなくなったUSB1.1ハブを改造してiPod用充電器を作ってみました。

今回の改造に使った USB ハブは ELECOM UH-G4SCR。これは、子供の頃に出会った「もったいないお化け」のお告げによって、捨てられずに JUNK 箱に入れておいた物の再利用です。

さっそく分解して基板を見ると USB コントローラ TUSB2046BUSB パワースイッチ AIC1527-0 が実装されていました。AIC1527-0 のデータシートを見ると、CTL 端子によって各ポート出力をオン・オフしていることがわかりました。

USB ダウンストリームポートに 5 Vを出すには、この CTL 入力を low レベルにすると出力がオンになるようです。このパワースイッチをそのまま使えば、USB ポートの出力保護機能を使えると思います。

次に、iPod の充電方法について調べるといくつかの方法があることが分かりました。今回はメーカー製の Dock に「使われているらしい」方法を試してみる事にしました。

その方法では、USB のD+に 2.0 V、D-に 2.7 Vを加えることで iPod が充電モードになるようです。



改造箇所

改造部分の回路を以下に示します。

この改造ではJACK0の空きパターンが USB ダウンストリームポート 1 と並列につながっているので、これを利用して配線しました。

表パターン面はD+,D-のプルアップ側の配線と、パワースイッチ入力CTLA ~ CTLDの GND への配線を行います。この配線では 0.26 UEW を使用しました。

裏パターン面はD+,D-のプルダウン側の配線とパターンカット、「USB コントローラ」と「パワースイッチ」間のCTLA ~ CTLDのパターンカットを行います。


USB ハブのアップストリームポートのコネクタは取り外しました。

アップストリームポートのD+,D-を短絡しているのはハブの電源ランプを点灯させるためです。改造当初はこの部分の短絡によって、ダウンストリームポートに 5 Vが出力されるのを期待したのですが、結果はダメでした。

右側の「ダウンストリームポート 1」が、iPod充電用の出力です。

実際に iPod を接続すると、接続後 1 分くらいで充電モードに入ります。


ご注意

iPod に自作の充電器を接続したことによって iPod の故障や火災等の問題が起こるかもしれません。試される場合は十分に注意してください。