2014年11月26日水曜日

iPhone用ステレオマイク TASCAM iM2 をUSBマイクに改造

ドックコネクタ接続のマイクを改造してUSBマイクにする方法

ステレオマイク TASCAM iM2 は、iPhone や iPad、iPod touch 専用の製品なので接続インターフェースはドックコネクタ接続になっています。このドックコネクタ経由でやり取りされる信号線には アナログオーディオ、ビデオ、シリアル、FireWire、USB、電源などがあります。

TASCAM iM2 の場合

  • 製品内部では USB デバイスとして動作しているのではないだろうか?
  • さらに、TASCAM iM2 には充電用の USB コネクタが付いています。これを使えばドックコネクタ経由の USB 信号線を外部に引き出すことなく間単に USB 接続できそうだ!
この二つが改造アイデアに繋がっています。

この改造の元アイデアは TT@北海道 さんです。


はじめに接続ヶ所を確認

それぞれの資料から、USB データポートのピン番号を調査します。


USBデータポートのピンを確認

  • D+ : MCU 16 ピン、Dock connector 4 ピン、USB コネクタ 3 ピン
  • D- : MCU 17 ピン、Dock connector 6 ピン、USB コネクタ 2 ピン

電源ラインのピンを確認

USB コネクタのUSB 5Vは iPhone 充電用に使われており、TASCAM iM2 の動作電源は Dock connector 経由の3.3Vのようです。そのため、TASCAM iM2 を PC に USB 接続して動作させるには、この電源供給方法を Dock connector から USB に変更する必要があります。

  • 5V : USB コネクタ 1 ピン
  • 3.3V: Dock connector 13 ピン
  • GND : Dock connector 1 ピン

配線作業

それぞれの信号線の接続ポイントを確認後、配線作業を開始します。

  • USB コネクタ部 :USB 充電モード用の抵抗(D+,D-間の抵抗)を除去。
  • 電源部 :ツェナーダイオードと抵抗を取り付け。
  • USB データポート :D+,D-を UEW でバイパス。

今回の改造では、TASCAM iM2 の電源(3.3V)にツェナーダイオードHZ3C2 3.3Vを使用しました。iM2 の消費電力が90 mW、ツェナー電流5 mAから

抵抗Rは、$R=\frac{5V-3.3V}{5mA+27mA} = 53.125 \fallingdotseq 51\Omega$

改造完了後の実測では 3.4 Vになりました。

D+,D-の接続点は、TT@北海道 さんが改造されたのと同じように USB のダンピング抵抗に接続するのがいちばん作業しやすいです。


改造完了

TASCAM iM2 を Windows PC に接続して確認

使用環境:Windows7 64bit

USB 接続した iM2 を自動認識して、デバイスドライバがインストールされました。

デバイスマネージャで確認すると。USB オーディオデバイスとして認識されています。

実際にオーディオ入力として使ってみると USB マイクとして働いてくれています。

おまけに MIDI やスピーカが一緒についてきましたが、この機能は使うことができません。元々これらの入出力回路が iM2 に備わって無いので、追加回路無しでは使用できないと思われます。もしかすると他の製品ラインナップに同じ MCU を使った機種があるのかもしれませんね。

これで改造成功です、TT@北海道 さん、情報ありがとうございます。

2014年11月18日火曜日

lo_updateを使って LibreOffice4.3.4へ自動アップデート

LibreOffice 4.3.4

The Document Foundation より LibreOffice 4.3.4 のリリースがアナウンスされました。

さっそく、自動アップデートスクリプトlo_updateを使ってみました。

自動アップデートを実行

今回はインストールファイルのダウンロードも自動で行うので、オプション-gを付けて実行します。

lo_update -g 4.3.4

アップデート完了。

自動アップデートスクリプトは、うまく動いてくれています。

LibreOfficeの自動アップデートスクリプト lo_update はこちらの投稿に記載しています

cURL コマンドを使って LibreOffice を自動アップデート
http://babooshka-innerjourneys.blogspot.jp/2014/11/curl-lbreoffice.html

2014年11月12日水曜日

Firefox Developer Edition がリリースされました

Firefox Developer Edition は従来の Aurora を開発者向けにリニューアルしたもので、今回の Firefox のリリース10周年を記念してリリースされました。

Firefox Developer Edition のダウンロード
https://www.mozilla.org/ja/firefox/developer/
Firefox Developer Edition のリリースノート
https://www.mozilla.org/en-US/firefox/35.0a2/auroranotes/

Firefox Developer Edition の特徴

  • 独自のテーマ
    ブラウザ全体に適用された、開発者ツールのテーマデザイン。
  • 実験的な開発者ツール
    今回リリースの Valence のように、実験的な開発者ツールが含まれている。
  • 別プロファイル
    Developer Edition では別プロファイルが作成されるので Firefox のリリース版やベータ版と同時使用できる。
  • Web開発者向けの設定
    使う前にプラグインやアプリケーションをインストールしなくても、すぐに使えるように必要な機能は設定済み。

今回のリリースでは「Valence」と「WebIDE」が統合されています。

Valence

ValenceはFirefoxの開発ツールが、他のブラウザが提供しているリモートデバッグプロトコルに接続して開発やデバッグができるようにする機能の実験的なツールです。デスクトップ版とAndroid版のChrome、iOS版のSafariに対応しています。

この機能は、これまで「Firefox Tools Adapter」アドオンとして開発されていた機能が、今回の Firefox Develoepr Edition に統合されたようです。

さらに詳しく: Valence (Firefox ツールアダプタ) - 開発ツール | MDN

WebIDE

WebIDEはブラウザ内やFirefox OS端末から、Webアプリケーションのテスト、デプロイ、デバッグをサポートするツールです。アプリファイルの編集も可能になりました。アプリマネージャ(App Manager)の後続品として機能が拡張されています。

さらに詳しく: WebIDE - 開発ツール | MDN

他にも Firefox Develoepr Edition には、「インスペクタ」、「Web コンソール」、「デバッガ」、「スタイルエディタ」、「プロファイラ」、「ネットワークモニタ」、「レスポンシブデザインモード」、「Web Audio エディタ」などの開発ツールがすべて含まれています。



Firefox Develoepr Edition のテーマを切り替える

起動直後には、このようなページが表示されます。

このページの左下には、 「昔の見た目に戻すにはFirefox Aurora の見た目に戻すのは、とても簡単です。  詳しくはこちら」 と表示されていますが、
このリンク(developer.mozilla.org/Firefox/Developer_Edition/Reverting)をクリックすると、
このページ(developer.mozilla.org/ja/Firefox/Developer_Edition/Reverting)にリダイレクトされてしまい 404 Not Found が表示されます。(既に修正されています。)

これは日本語ページが未だ作成されていないことによるものだと思います。そこでページ右下の「他の言語」からEnglishを選択すると、
英語のページ(developer.mozilla.org/en-US/Firefox/Developer_Edition/Reverting)が正しく表示されます。


Firefox Develoepr Edition のテーマを通常のFirefoxのテーマに切り替えるには

  • メニューを開き「カスタマイズ」をクリック。
  • 「Use Firefox Developer Edition Theme」をクリック。
  • 「カスタマイズを終了」をクリック

開発ツールのテーマの変更は、 開発ツールのオプションを開き 「開発ツールのテーマを選択」セクションで「Light theme」を選択します。

Firefoxのリリース10周年を記念したリリース Firefox33.1

Firefox33.1がリリースされました

デスクトップ版 Firefox のダウンロード
http://www.mozilla.jp/firefox/download/
デスクトップ版 Firefox のリリースノート
http://www.mozilla.jp/firefox/33.0/releasenotes/

今回のリリースは Firefox のリリース10周年を記念したリリースです。

新機能では「忘れるボタン」の追加や「タイルの拡張」、検索エンジンに「DuckDuckGo」が追加されました。

更新が完了するとFirefox33.1のプライバシーツアーが表示されます。今回は、Firefox33.0.3からアップデートしたので、このURLが表示されました。

プライバシーツアーのページでは、「忘れるボタン」や「匿名検索エンジン DuckDuckGo」、「プライベートブラウジングボタン」のガイドを見ることができます。

  • ツアーのスタート

  • 「忘れるボタン」

  • 「匿名検索エンジン DuckDuckGo」

  • 「プライベートブラウジングボタン」

2014年11月6日木曜日

curl コマンドを使って LibreOffice を自動アップデート

前回の「LibreOffice のアップデート用スクリプト」を少し改良して、ファイルのダウンロードも自動化できるようにしてみました。ファイルのダウロードには curl コマンドを使っています。



Windowsでcurlを使う

curl コマンドを Windows で使えるように準備をします。

公式サイトの Download ページからインストールファイルをダウンロードします。

Win64 - GenericセクションのWin64 2000/XP x86_64 MSIのリンクをクリックすると、Windows バイナリの配布サイト cURL for Windows に移動します。ここで、使用環境に合わせてインストールファイルをダウンロードします。私の場合、使用環境が Windows 7 professional 64 bit SP1 なので curl-7.38.0-win64.msi をダウンロードしました。

ダウンロード完了後 msi インストーラを実行して curl をインストールします。インストール時に PATH が自動設定されます。

インストールが完了すれば curl コマンドを使えるようになります。例えば、mozilla.jp のコンテンツを取得するには、このように入力します。

curl www.mozilla.jp/

curl コマンドの使い方は cURL - Manual (マニュアル日本語訳) に詳しく書かれています。



LibreOffice の自動アップデートスクリプト


使い方

バッチファイルの保存場所は、前回と同じフォルダ(c:\lo_tmp)を使って説明します。

  1. 下記のコードをファイル名lo_update.batで保存します。(例 保存フォルダc:\lo_tmp

  2. スタートメニューのコマンドプロンプトを右クリック、「管理者として実行」で起動。

  3. lo_update.batの保存フォルダへ移動。(例 cd c:\lo_tmp

  4. バッチファイルを実行
    (例 LibreOffice 4.3.3 をダウンロード後アップデートする場合は
    lo_update -g 4.3.3を入力。)

  5. 「メインインストーラ」のインストール結果の確認ダイアログが表示されます。

  6. 「日本語の LibreOffice 組み込みヘルプ」のインストール結果の確認ダイアログが表示されます。

  7. アップデート完了しました。

インストール結果はカレントフォルダのログファイルに書き込まれます。

  • 「メインインストーラー」のインストールログファイルはlogfileMain.txt
  • 「日本語の LibreOffice 組み込みヘルプ」のインストールログファイルはlogfileHelppack.txt

このバッチファイルでは、「メインインストーラー」と「日本語の LibreOffice 組み込みヘルプ」のインストール結果だけをダイアログ表示するようにしています。

サイレントインストールする場合は、「INSTALL」セクション(114行目~)のmsiexec.exeのオプションを、/qn+から/qnに変更すれば OK です。

インストールに指定できるファイルバージョンは、LibreOffice の安定版 Index of /libreoffice/stable で公開されているリリースバージョンを利用できます。現在(Nov 06, 2014)指定可能なものは4.2.7,4.3.2,4.3.3(Nov 06, 2014 現在)です。このディレクトリで公開されているファイル構成はリリースの都度に更新されていて、新しいバージョンが追加されると古いものは削除されるようです。また、何かの都合でダウンロードサイトの URL に変更があった場合は、スクリプトの修正(20 ~ 35 行目)で対応する必要があります。

ご注意!:コマンドプロンプトのデフォルトのエンコードは「シフト JIS」なので、バッチファイルの保存時のエンコードも「シフト JIS」で保存しないと表示が文字化けします。

lo_update.bat