2014年11月26日水曜日

iPhone用ステレオマイク TASCAM iM2 をUSBマイクに改造

ドックコネクタ接続のマイクを改造してUSBマイクにする方法

ステレオマイク TASCAM iM2 は、iPhone や iPad、iPod touch 専用の製品なので接続インターフェースはドックコネクタ接続になっています。このドックコネクタ経由でやり取りされる信号線には アナログオーディオ、ビデオ、シリアル、FireWire、USB、電源などがあります。

TASCAM iM2 の場合

  • 製品内部では USB デバイスとして動作しているのではないだろうか?
  • さらに、TASCAM iM2 には充電用の USB コネクタが付いています。これを使えばドックコネクタ経由の USB 信号線を外部に引き出すことなく間単に USB 接続できそうだ!
この二つが改造アイデアに繋がっています。

この改造の元アイデアは TT@北海道 さんです。


はじめに接続ヶ所を確認

それぞれの資料から、USB データポートのピン番号を調査します。


USBデータポートのピンを確認

  • D+ : MCU 16 ピン、Dock connector 4 ピン、USB コネクタ 3 ピン
  • D- : MCU 17 ピン、Dock connector 6 ピン、USB コネクタ 2 ピン

電源ラインのピンを確認

USB コネクタのUSB 5Vは iPhone 充電用に使われており、TASCAM iM2 の動作電源は Dock connector 経由の3.3Vのようです。そのため、TASCAM iM2 を PC に USB 接続して動作させるには、この電源供給方法を Dock connector から USB に変更する必要があります。

  • 5V : USB コネクタ 1 ピン
  • 3.3V: Dock connector 13 ピン
  • GND : Dock connector 1 ピン

配線作業

それぞれの信号線の接続ポイントを確認後、配線作業を開始します。

  • USB コネクタ部 :USB 充電モード用の抵抗(D+,D-間の抵抗)を除去。
  • 電源部 :ツェナーダイオードと抵抗を取り付け。
  • USB データポート :D+,D-を UEW でバイパス。

今回の改造では、TASCAM iM2 の電源(3.3V)にツェナーダイオードHZ3C2 3.3Vを使用しました。iM2 の消費電力が90 mW、ツェナー電流5 mAから

抵抗Rは、$R=\frac{5V-3.3V}{5mA+27mA} = 53.125 \fallingdotseq 51\Omega$

改造完了後の実測では 3.4 Vになりました。

D+,D-の接続点は、TT@北海道 さんが改造されたのと同じように USB のダンピング抵抗に接続するのがいちばん作業しやすいです。


改造完了

TASCAM iM2 を Windows PC に接続して確認

使用環境:Windows7 64bit

USB 接続した iM2 を自動認識して、デバイスドライバがインストールされました。

デバイスマネージャで確認すると。USB オーディオデバイスとして認識されています。

実際にオーディオ入力として使ってみると USB マイクとして働いてくれています。

おまけに MIDI やスピーカが一緒についてきましたが、この機能は使うことができません。元々これらの入出力回路が iM2 に備わって無いので、追加回路無しでは使用できないと思われます。もしかすると他の製品ラインナップに同じ MCU を使った機種があるのかもしれませんね。

これで改造成功です、TT@北海道 さん、情報ありがとうございます。

2014年11月18日火曜日

lo_updateを使って LibreOffice4.3.4へ自動アップデート

LibreOffice 4.3.4

The Document Foundation より LibreOffice 4.3.4 のリリースがアナウンスされました。

さっそく、自動アップデートスクリプトlo_updateを使ってみました。

自動アップデートを実行

今回はインストールファイルのダウンロードも自動で行うので、オプション-gを付けて実行します。

lo_update -g 4.3.4

アップデート完了。

自動アップデートスクリプトは、うまく動いてくれています。

LibreOfficeの自動アップデートスクリプト lo_update はこちらの投稿に記載しています

cURL コマンドを使って LibreOffice を自動アップデート
http://babooshka-innerjourneys.blogspot.jp/2014/11/curl-lbreoffice.html

2014年11月6日木曜日

curl コマンドを使って LibreOffice を自動アップデート

前回の「LibreOffice のアップデート用スクリプト」を少し改良して、ファイルのダウンロードも自動化できるようにしてみました。ファイルのダウロードには curl コマンドを使っています。



Windowsでcurlを使う

curl コマンドを Windows で使えるように準備をします。

公式サイトの Download ページからインストールファイルをダウンロードします。

Win64 - GenericセクションのWin64 2000/XP x86_64 MSIのリンクをクリックすると、Windows バイナリの配布サイト cURL for Windows に移動します。ここで、使用環境に合わせてインストールファイルをダウンロードします。私の場合、使用環境が Windows 7 professional 64 bit SP1 なので curl-7.38.0-win64.msi をダウンロードしました。

ダウンロード完了後 msi インストーラを実行して curl をインストールします。インストール時に PATH が自動設定されます。

インストールが完了すれば curl コマンドを使えるようになります。例えば、mozilla.jp のコンテンツを取得するには、このように入力します。

curl www.mozilla.jp/

curl コマンドの使い方は cURL - Manual (マニュアル日本語訳) に詳しく書かれています。



LibreOffice の自動アップデートスクリプト


使い方

バッチファイルの保存場所は、前回と同じフォルダ(c:\lo_tmp)を使って説明します。

  1. 下記のコードをファイル名lo_update.batで保存します。(例 保存フォルダc:\lo_tmp

  2. スタートメニューのコマンドプロンプトを右クリック、「管理者として実行」で起動。

  3. lo_update.batの保存フォルダへ移動。(例 cd c:\lo_tmp

  4. バッチファイルを実行
    (例 LibreOffice 4.3.3 をダウンロード後アップデートする場合は
    lo_update -g 4.3.3を入力。)

  5. 「メインインストーラ」のインストール結果の確認ダイアログが表示されます。

  6. 「日本語の LibreOffice 組み込みヘルプ」のインストール結果の確認ダイアログが表示されます。

  7. アップデート完了しました。

インストール結果はカレントフォルダのログファイルに書き込まれます。

  • 「メインインストーラー」のインストールログファイルはlogfileMain.txt
  • 「日本語の LibreOffice 組み込みヘルプ」のインストールログファイルはlogfileHelppack.txt

このバッチファイルでは、「メインインストーラー」と「日本語の LibreOffice 組み込みヘルプ」のインストール結果だけをダイアログ表示するようにしています。

サイレントインストールする場合は、「INSTALL」セクション(114行目~)のmsiexec.exeのオプションを、/qn+から/qnに変更すれば OK です。

インストールに指定できるファイルバージョンは、LibreOffice の安定版 Index of /libreoffice/stable で公開されているリリースバージョンを利用できます。現在(Nov 06, 2014)指定可能なものは4.2.7,4.3.2,4.3.3(Nov 06, 2014 現在)です。このディレクトリで公開されているファイル構成はリリースの都度に更新されていて、新しいバージョンが追加されると古いものは削除されるようです。また、何かの都合でダウンロードサイトの URL に変更があった場合は、スクリプトの修正(20 ~ 35 行目)で対応する必要があります。

ご注意!:コマンドプロンプトのデフォルトのエンコードは「シフト JIS」なので、バッチファイルの保存時のエンコードも「シフト JIS」で保存しないと表示が文字化けします。

lo_update.bat